不動産ブログ

17期決算

Date:2021年12月5日|Category:北九州市の不動産王への道,当社の日常やお知らせ

先月11月末が当社17期目の決算でした。


先期もお陰様で、黒字決算で無事終えることができました。


儲かっている実感はないけれど、
税法上は会社規模の割には、結構な額の
税金を支払わないといけないくらいの
利益が出たようです。


「儲かって無いのに、税金がそんなに出るの??」
が、零細企業経営者の実感です。


まぁしかし、私自身は特にボランティア活動なども
していないので、収めた税金が少しでも
社会の役に立つのならと思ってます。


というか、そう思うようにしています。
「もう少しまけて欲しい」が本音なので・・・


だって、世界的規模の会社が子会社を絡ませての
複雑な損益操作などで、ロクに法人税を納めていない
なんて記事を見かけるんですよ。


他にも
「税金をきちんと納めていたら会社は伸びない、出来る限りの節税をして、
助成金ももらえるだけもらって。」
と話す経営者もざらにいますしね。



なのになんでうちみたいな小さな会社が・・・
と、考えるわけです。


しかしそんな考えが頭をよぎるたびに、
いかんいかん、
収めた税が多少なりとも社会の役に立っているんだから・・
と自分を慰めています。


それと、それなりの税金納めないといけないのは
地域の皆さんのおかげで、会社が回っている証でもありますしね。


18期目も納税できるよう頑張ります。


当社は脱税せず(笑)まじめに税金納めますので、
地域の皆様宜しくご支援の程お願い申し上げます。

譲渡税のご相談は税理士に!の巻

Date:2021年5月23日|Category:中年の主張、私は皆様に訴えたい!,北九州市の不動産王への道



同業者が売却仲介したお客さんと、譲渡税をめぐって
トラブルになっていると聞きました。


単純売却なら、さほどトラブルになることも無いのでしょうが、
それでもまるで税の知識が無い者も、居ますからね。


これまでで私が聞いた税金をめぐる一番レベルの低いトラブルは、
長期譲渡と短期譲渡の違いをよく理解していない者から、
本当は短期譲渡所得になる取引を、長期譲渡所得になると
説明を受けて売却し、短期譲渡の税額がきてトラブルに
なっているというものでした。


その当時の税率は確か長期で30%超、短期なら50%超えていたと
記憶しています。


5000万円程度の土地取引なら長期になるか、短期になるかで1000万円も
税金が違うのですから、間違った説明なら当然トラブルになります。


短期・長期の違いは所有期間が5年以下が短期、5年以上が長期になるのですが、
この5年は正味で5年持っていればよいわけでなく、
その年1月1日時点で所有していなければ、その年は1年とカウントされません。

売却日も同様で、売った年はカウントに入りません。
なので、6年以上所有しないと短期譲渡になるのです。

例えば今年の売却なら、2015年12月31日以前の取得でなければ、長期譲渡所得でなく
短期譲渡所得になります。


それでこの程度の知識は初歩の初歩レベルですが、こんな事も知らない者が
多いのがこの業界。



で、今回のトラブルですが、業者がある特例を使えると説明して税金が安くなると
信じて売却したのに、実際には要件の一つに当てはまらず、通常の税金を納付しないと
いけないというものでした。



税金は当事者の税務署職員や、税理士も即答は出来ないくらいに複雑にできてます。

そして高額の取引になれば、特例が使える使えないでは、数百万円数千万円の
違いになりますので絶対に専門家にご相談下さい。


このブログでも何回か言ってますが、なぜか税金の専門家でもない不動産営業マンの説明を、
そのまま信じて、こんなはずじゃなかった状態になっている人が居ます。


くれぐれもお気をつけ下さい。

北九州の不動産屋ですよ!の巻

Date:2021年4月12日|Category:どうでもいい事,北九州市の不動産王への道


求人募集で電話がありました。

東京で働きたいとの事。

???

当社は北九州の不動産屋です。


本人的には、なにかを見て、
勘違いしてかけてきたんでしょうけど、
それにしても大事な仕事先選び。

ある程度は、職種やどんな会社か?ぐらい調べて
かけた方がいいと思いますが・・


貴殿の今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。

タンスは売れませんでした!の巻

Date:2021年3月27日|Category:北九州市の不動産王への道,当社の日常やお知らせ

当社が先日買取した中古住宅、
売主さんの家財道具を残した状態で
購入しました。

なかに立派な家具が有ったので、
ジモティーで売りに出したのですが、
建物解体に入った昨日までに売れず、
時間切れで廃棄となりました。

数ケ月前にアパートのモデルルームに置いていた
ソファーを売り出した時は、何件も問合せが入り、
世の中そんな時代になったのか、
これからは、不届きな入居者の残置物も、
この方法で処分すれば良いと考えてましたが、
売れるものと売れないものがあるようです。

和の立派なタンスだったのに残念。

あと、この和の感じの庭も解体で撤去です。


前の売主さんのお宅の思い出は無くなりますが、
この土地を購入した方の、また新しい別の歴史が始まる訳でもあります。

今回も良い方に、ご購入いただけますように!

北九州の不動産の事なら有限会社 アムズ 0120-03-2103 北九州市小倉北区
中井4丁目1-11
有限会社 アムズ

午前中、売却決済、午後買取決済!の巻

Date:2021年2月27日|Category:不動産売却・買取の話し,北九州市の不動産王への道

昨日は午前中、当社売主の中古リフォーム住宅売却決済、
午後からは、なかなか物件の出ない中井で当社が購入した物件の残金決済でした。


月末の金曜日なので銀行混んでましたね。
手打ちで入金してもらったけれど、着金確認まで30分ぐらいかかりました。


それでも両方の取引とも、お客様が良かったから、私もニコニコです。


良いお客様から購入した不動産は、あっという間に売れるという、
私なりのジンクスがありますから、今回も早いんじゃないかな?


もっとも、解体の見積もりもまだ手つかずで、これからですけど。


不動産のアムズ 北九州市小倉北区中井四丁目1番11号

1 2 3 4 177

ホーム会社案内お問い合わせ個人情報の取扱いサイトマップ

このページのトップへ