不動産ブログ

登記も顔合わせ無しで働き方改革?の巻

Date:2020年5月26日|Category:不動産売却・買取の話し,北九州市の不動産王への道

今度ハウスメーカー客付け土地の決済がありますが、
互いに顔合わせ無し、振込でやり取りすることになりました。


コロナの関係で、司法書士に言わせると、
主にお年寄りの売主希望で、
顔合わせ無しの決済が増えているそうです。


事前に司法書士が売主から一式書類を預かり、
買主はネットで振込完了。



残金決済は必ず売主買主立会で、着金確認してから解散が
絶対条件。

そうやって仕事をしてきた私は、これが今はやりの仕事改革なら
ついていけそうに無いですね。


買主指定の司法書士次第で、残金決済前に自由に
登記が出来ることになりますから。


保全はどうやってとるのか?


誰か教えてもらえませんか。




北九州の不動産の事なら有限会社 アムズ 0120-03-2103

北九州市小倉北区
中井4丁目1-11
有限会社 アムズ



高峰マンション、リフォームどうしましょう?の巻

Date:2020年5月19日|Category:不動産売却・買取の話し,北九州市の不動産王への道

本日、小倉北区高峰のマンション、当社購入決済終わりました。

リフォームして再販予定ですが、
最上階角部屋4LDKなので
水回りなどをほとんどやり替えて、
それなりの価格で売り出しするか?

それとも築後20年以上経っていることを考えて、
比較的キレイな所は、クリーニングしてそのまま使い、
価格を抑えて売り出すか?

どちらの方向でいくか思案中。

この状態の時が一番楽しい。

北九州市内・近郊の不動産のご相談は 有限会社 アムズ 0120-03-2103

コロナがどうした買取しますの巻

Date:2020年4月23日|Category:不動産売却・買取の話し,北九州市の不動産王への道

コロナウイルスの影響で、
不動産業界も元気がなくなってきている今日この頃、
業界の皆様、いかがお過ごしでしょうか。

不肖牧口、この時期にお客さんのところはもちろん、
業者さんにも顔を出すと嫌がられるので、
動き回ってはいませんが、(不要不急の外出は一国民として自粛中です)
今日も元気で仕事はしてます。

そんな感じで仕事していますが、
今週末、小倉北区高峰のマンションを買取契約します。

会社のすぐ近くのマンションですから、手持ちのお客様も居ますし、
地元ですからそこは積極的にいかないと・・と考えてです。

まぁ、手持ちのお客様で決まらなくても、人気のある地区ですから、
リフォームすれば、さほど時間をかけずに売却できるはずですから。

というわけで、
他社に持ち込んで買取を断られた業者様、
これから持ち込み予定の方、
アムズはコロナで買いません、
しばらく様子見で買取はストップします。は有りません。

個別に考えて採算取れるなら買います。

事務所でじっとしてますので、たまにはお電話下さい。

電話すら減ってヒマしてます。

宜しくお願いします。

北九州の不動産の事なら有限会社 アムズ 0120-03-2103

北九州市小倉北区中井四丁目1番11号 有限会社 アムズ

水路はどこでしょう?の巻

Date:2020年3月30日|Category:不動産売却・買取の話し,北九州市の不動産王への道

売主のおじいさんが、明治時代か大正時代から、
住んでいたというお家を、昨年当社で購入しました。

井戸

解体すると固定資産税も高くなるので、そのままにしていましたが、
最近は、時にものすごい突風が吹いたりする事があるので、
ご近所に迷惑をかけてもいけないと、
先日解体しました。

このままの状態で、貸地にでもしようかと考えましたが、
すぐお隣が貸地でしばらく借り手がつかずに出ていますので、
あえて競合することも無いと、
売却することにして、測量をお願いし、
本日、官民境界立会・民民境界立会で現地に行ってきました。

この土地、見ても分からないのですが、
暗渠になった水路が宅地内を通っていまして、
前の所有者が水路を取り込んでいる状態です。

水路



水路探してます

が、しかし、区役所のほうでも水路に関する資料がないとの事で、
現地がこの状態なので、境界確定できませんでした。

その後、測量事務所と役所の担当者で、字図では宅内で枝分かれしていながら
実際に現地では片方は廃止されている水路を、
付替えで申請するか、払下げで申請するかの話し合い。ここまでで約40分。

それが終わって、隣地の立会、これは5年ほど前に分筆登記されているので、
すぐ終わると思っていましたが、昔からのいきさつみたいなのを語り始められて
約30分。

元の売主さんからは、お隣の人に境界や進入路の件で、ずいぶんいじめられたような
話しを購入時に聞いていましたが、お隣さんに言わせると、まるで逆です。

不動産屋をやっていると、こんな話はしょっちゅうで、
どっちにも言い分があり、どちらの話しも片方が100%正しいなんて事じゃないことが、
分かってきます。

けっこうね、面白いんですよ、不動産の仕事。

北九州市内・近郊の不動産のご相談は 有限会社 アムズ 0120-03-2103

文化住宅

Date:2020年3月21日|Category:不動産売却・買取の話し,北九州市の不動産王への道

久々に見ました、
浴室が外部に別棟でついているアパート。

建物内に共同風呂がついているアパートはまだ新しくて、
もう少し古い型の文化住宅は、共同風呂が別棟になっています。

多分、風呂無しアパートだったのを、別棟でお風呂を作り、
共同風呂付アパートにしたのだと思います。

田舎の家はトイレ・風呂が別棟になっていますが、
これは便所が汲み取り、風呂が薪の時代に、
居室ににおいが流れてきたり、
風の強い日に、薪で火事になったりするのを防ぐためです。

しかしこの文化住宅タイプのアパートは、
風呂無しでも入居希望者がわんさか居た時に建てられたもので、
時代が下って、風呂無しではなかなか借り手が付かなくなった時に
あとから別棟でお風呂を作ったものです。(勝手な推測)

私が不動産業界に入った昭和の後期には、
既にこのタイプは珍しくなっていましたが、
令和の時代になってもまだ存在したんですね。

なつかしいなぁ~。と思いながら周辺をウロウロしていたのですが、
このアパート、入居している人がまだ何人かいます。

文化住宅




大変うれしい、売却のご依頼ですが、
立ち退き難航しそうな予感。





北九州の不動産の事なら有限会社 アムズ 0120-03-2103

北九州市小倉北区中井四丁目1番11号 有限会社 アムズ

1 2 3 4 26

ホーム会社案内お問い合わせ個人情報の取扱いサイトマップ

このページのトップへ